個人事業のあなたが法人を設立したらメリットがあるのか?

個人事業のあなたが法人を設立したらメリットがあるのか?

法人、メリット、融資、個人事業、許可、譲渡、信頼

会社を設立するメリットの一つとして、対外的な信用力アップがあります。

 

法人は商業登記簿謄本が法務局に登記され
資本金、取締役の氏名、会社の事業目的、住所
などが記載され、取引の相手からも信頼できるかの
ひとつの判断の基準になります。

 

大手の企業などは個人事業の実績が良くても
個人事業には取引をしてくれない場合もあります。

 

公庫や銀行からの融資を受ける時も、法人の方が有利となり
事業拡大のため、法人成りして融資を受けたいという方も多いです。

 

 

つまり、個人事業と法人で同じ事業をやっていても
相手からの見方が変わるということです。

 

個人事業は、誰でも名刺を作れば「社長」になれますが、
法人は、「私たちは、この事業をやります!」と法務局に登記までして、
ビジネスをやっているので、本気度があるように見えます。

 

それと

 

名刺を交換した時、代表○○と書いているより
代表取締役○○の方が、カッコよくないでしょうか?

 

 


許認可が必要な事業の場合は法人が断然有利

法人、メリット、融資、個人事業、許可、譲渡、信頼

 

重要な法人のメリットとして
許認可を必要とする事業を他の人に譲渡する場合です。

 

具体的にな例として、

 

個人で建設業を営んでいる方が、息子に継がせたい場合

 

息子は、一から建設業の許可を取らなければならず大変です。
法人であれば、株式譲渡契約をして
代表者変更の登記のみでOKです。

 

比較的個人事業が多いスナックやキャバクラ、雀荘、リサイクルショップなど

 

お店が繁盛していて、他に欲しい人がいるので、
私は引退して譲ってあげようとなった場合にも
新たな経営者は、許可を取得しなければなりません。
これも、同じく株式譲渡契約と代表者変更のみでOK

 

 

つまり、自分の法人を他の誰かにそっくりそのまま
あげることができるのです。

 

現在個人事業を経営されている方で
将来事業を誰かに譲る可能性のある方は、
今のうちに法人成りしておくことをお勧めします。

 

 

 

次回は、税金面でのメリットをご説明します。

 

 

 

 

 


あなたの会社設立の申請をお手伝いします。

法人、メリット、融資、個人事業、許可、譲渡、信頼

会社設立や変更をお急ぎの方は、

 

必ずご確認ください!

 

     ↓

 

法人、メリット、融資、個人事業、許可、譲渡、信頼


関連ページ

個人事業のあなたが法人を設立したらメリットがあるのか?税金編
個人事業主が法人成りをした場合どのようなメリットがあるのか?今回は利益が大きくなった時にどうなるか税金面での比較をおこないます。
あなたも設立できるNPO法人を簡単にわかりやすく説明します。
NPO法人の設立を検討している方は、必ずご確認ください!設立に万して目的や役員など要件が多く時間もかなり取られます。NPO法人について簡単ですがわかりやすく説明いたします。
会社の役員や住所が変更になった場合に登記をしないと罰金?
会社の登記を放置している方は、必ずご確認ください。代表者に裁判所から突然支払命令の通知が来るかもしれません。あなたの会社は大丈夫?
会社設立の第一歩は商号(名前)
これから会社を設立される方は必ずご確認ください。 設立に際して商号は一番考えるところですが、使える文字が制限されています。

 
TOPページ 法人設立について 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 →お問い合わせ