個人事業のあなたが法人を設立したらメリットがあるのか?税金編

個人事業のあなたが法人を設立したらメリットがあるのか?税金編

法人、個人事業、税金、比較、累進課税、所得

個人事業を営んでいる方が必ず検討するのが、法人設立
いわゆる法人成りです。

 

個人と法人の最も違いが出るのが税金です。

 

個人→所得税

 

法人→法人税

 

となります。

 

 

個人事業主は累進課税制度を採用しているので
所得が増えると当然に所得税が高くなります。

 

一流のプロ野球選手はビックリですよね

 

それに比べて法人税は一律になり次のように比較できます。


個人事業主と法人では税率がこうなる

法人、個人事業、税金、比較、累進課税、所得

 

.個人事業主の場合

 

課税される所得金額 税率
 195万円以下  5%
 195万円超   330万円以下 10%
 330万円超   695万円以下 20%
 695万円超   900万円以下 23%
 900万円超 1,800万円以下 33%
1800万円超 4,500万円以下 40%
 4,500万円超 45%

 

 

 

 

法人の場合

 

課税される所得金額 税率
所得800万円以下 15%
所得800万円超 25,5%

 

この部分だけを見れは結論は

 

事業が拡大して収入が増えれば断然法人の方が有利ということになります。

 


あなたの会社設立のお手伝いします。

法人、個人事業、税金、比較、累進課税、所得

会社の設立・変更の手続きをお急ぎの方は、

 

必ずご確認ください!

 

     ↓

 

法人、個人事業、税金、比較、累進課税、所得


関連ページ

個人事業のあなたが法人を設立したらメリットがあるのか?
法人を設立しようと考えている方は、必ずご確認ください!ビジネスをするうえで対外的な信用力が高くなるだけでなく、将来許認可の必要な事業を譲ることもかのうなのです。
あなたも設立できるNPO法人を簡単にわかりやすく説明します。
NPO法人の設立を検討している方は、必ずご確認ください!設立に万して目的や役員など要件が多く時間もかなり取られます。NPO法人について簡単ですがわかりやすく説明いたします。
会社の役員や住所が変更になった場合に登記をしないと罰金?
会社の登記を放置している方は、必ずご確認ください。代表者に裁判所から突然支払命令の通知が来るかもしれません。あなたの会社は大丈夫?
会社設立の第一歩は商号(名前)
これから会社を設立される方は必ずご確認ください。 設立に際して商号は一番考えるところですが、使える文字が制限されています。

 
TOPページ 法人設立について 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 →お問い合わせ